もっと、木と語ろう。

もっと、木と遊ぼう。

もっと、木と学ぼう。

もっと、木とふれ合おう。

もっと、木と暮らそう。

もっと、木と

ウッドデザイン賞

を活用した社会課題の
解決をめざす「ウッドデザイン

隈 研吾

一般社団法人日本ウッドデザイン協会 会長

(c) J.C.Carbonne

隈 研吾

一般社団法人日本ウッドデザイン協会 会長

木を使った新たなデザインの力で、社会課題の解決をめざす「ウッドデザイン」はサステナブルな社会づくりを考えるときに欠かせないものだと考えています。

ウッドデザインがめざす、木を使って新たな暮らしの価値や社会のあり方を提示する、というコンセプトが今、時代に求められています。そのためには多様な産業、業種、地域、知見が連携していく必要があります。木を通じてつながった皆さんが、社会と暮らし、都市と地域に新たな価値をもたらす主役になっていくことを期待しています。

幅広い分野の皆さんのご参加、ご協力を期待しています。
日本ウッドデザイン協会の活動を大きな社会のうねりに是非、つなげていきましょう。

NEWS & REPORT

SCROLL

MEMBER’S INFORMATION

SCROLL

会について

名 称

一般社団法人日本ウッドデザイン協会

英文名

Japan Wood Design Association(略称:JWDA)

設 立

2021年11月18日

所在地

〒105-0004 
東京都港区新橋3-5-2 新橋OWKビル6階 MAP

会 長

隈 研吾

目 的

この法人は、木を活用した社会課題の解決をめざす取り組みを「ウッドデザイン」と定義し、「ウッドデザイン」に関わるあらゆる分野において、調査、研究、開発、事業創造、普及及び啓発する機関として、会員相互の連携並びにあらゆるステークホルダーとの対話及び協力により、木のある豊かな暮らし、木材利用、森林・林業の成長産業化及び地方創生を推進して、脱炭素化等環境と資源に配慮した持続可能な社会の実現を図り、もって広く社会に貢献することを目的とする。

事 業

1.

木を活かした新たなライフスタイル又は社会的価値を創造する事例を募集し、
評価及び発信をする顕彰事業。

2.

木を活かした豊かで快適な暮らしを創造するデザインの向上を促す調査、
研究、開発及びビジネスマッチング事業。

3.

木を活かした社会構造への転換を促す調査、研究、開発及びビジネスマッチング事業。

4.

木を活かした環境評価手法の構築を促す調査、研究、開発及びビジネスマッチング事業。

5.

木を活かした新事業の創出を促す調査、研究、開発及びビジネスマッチング事業。

6.

木を活かした各種の研究成果、優良事例及びビジネスモデル等を普及発展させるための広報及び啓発事業。

7.

官公庁又は公的機関等に対し、木の活用又は地球環境の保全のために提言し、若しくは協力を依頼する事業。

8.

その他この法人の目的を達成するために必要な事業。